タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

起こしやすいタイヤのトラブル


自動車の性能はとてもよくなってきました。しかし一番よく発生するトラブル
はガソリン切れやパンクでしょう。
このように街中や高速道路などで発生するトラブルとして多発するタイヤトラブル
について、パンクが多いのはやはり日頃からタイヤのメンテナンスが十分でない
ということが考えられます。
タイヤはゴムでできているのでとても劣化しやすいのです。しかも路面との摩擦
や温度、紫外線などとても過酷な状況で使用しているのです。
例えば空気圧はガソリンを給油するタイミングでチェックするなどします。
空気圧が少なくなるとその分接地面積が多くなり熱を持ちやすくなります。
また燃費にも影響してしまうのです。
空気圧が少ないまま高速道路や山道を走行するととても危険です。これはこまめに
チェックすることです。
それとタイヤの溝の深さも確認しておきます。タイヤにはスリップサインという
減り具合を確認するところがあります。
それが規定以上あるか確認します。スリップサインが出ている状態や肩べりしている
状態で走行を続けるとバーストしてしまったり、雨天時の走行も危険となります。
このようなタイヤの減り具合も確認するようにします。
こうすることでトラブルを減らすことができます。