タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

走行中・駐車時の違和感


自動車に毎日乗る人は非常に多くいると思いますが、乗車前に必ず
タイヤ点検をしているかといえば、しない人の方が圧倒的に多いで
しょう。定期的に点検をしてもらっている場合ならともかく、
自動車を購入して以来全くと言って良いほどタイヤの事など気に
していないという人も中にはいるので困ったものです。
タイヤの異常は、簡単に見分けが付く事が多いので大きな事故を防ぐ
ためにも点検は必要不可欠です。
走行中に多いトラブルの代表的なものとしては、バーストが挙げられます。
これは、空気圧の低下したタイヤのたわみが原因で起こるもので、
スタンディングウェーブ現象とも言われます。高速道路を走っている
車によく見られる現象で、発生してしまった場合は走行不可能ですので、
速やかに駐車可能な場所へ移動するようにして下さい。この場合は、
自分でタイヤ交換をしようとせずに救援を要請するようにして下さい。
このようなトラブルにならないよう、タイヤの異常により起こる
違和感を感じとる必要か があります。
普段よりもハンドルが重かったり、タイヤから異音がするなどの異常
が出た場合は、速やかに自動車整備士に見てもらうようにするなどの
対策を実施するようにしましょう。


応急タイヤも必ずチェック


応急タイヤのことをテンパータイヤと呼びます。このタイヤの特徴は、
実際のタイヤより小さく、地面との接地面も小さくなっています。
車内の広さを重視したりすることから、トランクルームの下に隠れて
なおかつ小さく作られています。
そのため、空位圧は、装着しているタイヤの2倍近くが目安となります。
走行のタイヤと比べて、トランクの下にしまっているタイヤは、
風雨を受けての劣化や走行時の摩耗などを受けていることが少ないので、
実際、空位は抜けにくくチェックがあまり必要としないと思いがち
ですがそこが注意しなければならない点です。
実際、ロードサービスを頼まれる方の中で、タイヤがパンクして、
テンパータイヤを装着してみたが走行できる状態じゃなっかたという
方は少なくありません。タイヤトラブルに巻き込まれない限り
テンパータイヤは使うことがないからといってチェックしなければ
長い期間をかけて空気が抜けていたということは、誰しもに起きます。
車検の点検時以外にも、冬場や夏場の気温が激しく変動する前と後、
長距離ドライブに行く前などには、少なくとも点検をしておくべきだと
思います。また、空気圧のチェックのほかにも、ゴムの摩耗や劣化が
ないかも確認しましょう。


残り溝・傷・偏摩耗チェックのポイント


車の部品の中で、最も消耗が激しい部品のひとつがタイヤかもしれません。
タイヤは私たちが直接命を預けていると言っても過言ではないほど重要な
部品ですから、日頃から目を配っておきたいものです。ガソリンスタンド
での給油の際にちょっとした点検をすることでそのトラブルを未然に防ぐ
ことが可能ですから、ぜひ実践してもらいたいと思います。特に雨の多い
時期になりましたら、一度タイヤの残り溝の深さをチェックしましょう。
タイヤを前後から覗き込んだ時にタイヤを横切るように直線が走っている
ようでしたら、もうそれは溝が浅くなってきて交換時期に来ていることを
示しています。スリップサインと言います。タイヤの接地面から十分に水
が排水されない可能性がありますからすぐに交換した方が良いでしょう。
タイヤの側面の傷にも注意してください。タイヤ側面の傷は走行中の
バースト(破裂)の原因ともなります。また、一般的なパンクと違って
この場合は修理が不可能ですので、やはりすぐに交換した方がよいでしょう。
さらに、溝は十分にあっても、タイヤの内側や外側だけ極端に摩耗している
場合も注意が必要です。特に車高が高いミニバンタイプの車は重心が高い
ゆえにタイヤの外側だけが減っていく偏摩耗を示しやすいと言われています。
いずれにしてもタイヤのトラブルは大きな事故を引き起こしかねませんから
日頃から注意しましょう。


空気圧チェックのポイント


タイヤはゴムの素材で密閉されていますが、タイヤのゴムの粒子ぼ隙間
から空気が漏れだしたり、バルブから漏れたりしています。また、
走行時の衝撃やタイヤの摩耗によって空気は抜けていきます。ポイント
として知っておかなければいけない点はタイヤの空気圧は1カ月に
5パーセントから10パーセントの割合で減ってしまうこともある
ということです。200kPaの指定のタイヤだと10から20kPaは
減ってしまうということです。
タイヤの空気が減ってしまうと燃費が悪くなったり、最悪バーストして
しまう自体になることも知っておきましょう。車の運転席側の扉を開ける
とシールが貼ってあり、そこを見ればどれだけの空気量が必要か記して
くれていますので、自分の車のタイヤのことが分らない方は見てみましょう。
ひと月に1回の点検を行うことをお勧めしますが、点検しても変わって
いないので点検しなくてもいいのではと感じる方や面倒だという方には
空気が減ってくるとバルブの先の色が変わって知らせてくれる便利グッズ
もあるので試されてはいかがでしょう。
また、長距離ドライブや季節の変わり目、高速道路を通行する予定のある時
などは必ず点検することをお勧めします。


タイヤトラブルを予防する5つのチェックポイント


タイヤトラブルを予防する5つのチェックポイントとして、タイヤの空気圧
のチェック、タイヤ溝のチェック、タイヤの傷や編摩耗のチェック、
ホイールナットのチェック、応急用タイヤのチェックがあります。
タイヤの空気圧のチェックは、タイヤ本来の性能を発揮するために、
適正な空気圧を保つ事が必要です。
空気圧が低いとタイヤ各部の動きが大きくなるので、異常発熱が起こり、
タイヤ両肩部の異常摩耗や剥離などの症状が出てきます。
また、空気圧が高いとタイヤは異常な緊張状態にあり、緩衝能力が低下
してしまい、タイヤ中央部の異常摩耗や傷を受けやすくなります。
タイヤ溝のチェックは、1.6mm以下の場合は車検には通らないので定期的
にチェックし、溝が浅いと排水能力が低下するので滑りやすくなり、
濡れた路面の場合はスリップやハイドロプレーニング現象を起こす恐れ
があります。
タイヤの傷や編摩耗のチェックは、高速走行などでタイヤに負荷が掛かった
状態では、傷や編摩耗している最弱部位からパンクやバーストを起こす恐れ
がありますので、注意が必要です。
ホイールナットのチェックは、緩んでいるとタイヤが外れてしまったり
しますので、ちゃんと締まっているかチェックします。
応急用タイヤのチェックは、通常のタイヤを交換する時に必要になります
ので、空気圧のチェックをしておきます。


覚えておきたいタイヤの交換方法


どんなに高性能なエンジンを積んだ自動車でも、車輪がなければ
走れません。それも4本の車輪がすべてそろって初めて車は走ること
ができるのです。ですからそれは非常に重要なパーツなのです。
またもっともトラブルが起きやすいパーツでもあります。そのために
日頃から注意してメンテナンスしておきたいものです。タイヤ交換の
方法も知らないのでは、緊急の時に対処できず実に困ったことになって
しまいます。それほど難しいことではありませんから、ぜひ交換の方法
を知っておいていただきたいと思います。急なパンクに見舞われた時は、
慌てず静かに車を路肩に寄せて安全なところに駐車させます。そして
トランクからスペアを取り出します。スペアは車によって積載場所が
異なるのであらかじめ確認しておきましょう。クルマによっては
ボディ下面に吊り下げられている場合もあります。その後ジャッキ
を取りだし、指定された場所にジャッキを噛ませます。ジャッキアップ
する前に、パンクした車輪のナットをレンチで緩めましょう。レンチを
ナットにセットして、レンチの柄に脚を載せて体重を掛ければ、
通常は簡単にナットは緩みます。4~5か所のナットを緩めておいた
うえで、ジャッキアップをします。ジャッキアップをするときはほんの
数センチボディを上げるだけで構いません。ナットを外してスペアを
履かせた後、ナットをしっかりとしめれば完成です。ナットを締める
時は対角線の順番で締めこむと偏りが生じにくいとされています。


スタンディングウェーブ現象とは


これからの時期はますます気候もよくなり、絶好の行楽シーズンとなる事
が期待されています。そのような中、多くの方々が休日を利用して、
どこか遠くに出向いて行かれるのではないでしょうか。日常の忙しい
毎日から解放されるような非日常を体験する事で、またその後の日常生活
を頑張る事ができるようになるのでしょう。
遠くに行かれる際に、どのような手段によってご自分が移動していくのかは、
また幾つかの種類が考えられています。飛行機や新幹線のような
公共交通機関を利用される方もいらっしゃいますが、中には自家用車にて
ご自分で運転をされながら移動される方もいらっしゃいます。特に自家用車
で移動される方は、その車が正常に運転できるのかどうかを注意しておいて
下さい。日常点検はしっかりと行い、走行中のトラブルを防ぐ事がドライバー
としての義務ともなっています。
特に高速道路を長く走る際にスタンディングウェーブ現象が発生する恐れがある
事を理解しておきましょう。主に空気圧の足りないタイヤで高速走行を続けて
いますと、この現象が発生しやすくなります。更にこれをそのまま続けて走って
いますと、タイヤ全体がいきなり破裂する、いわゆるバースト現象にも繋がります。


タイヤトラブル高速道路と一般道路での対処の違い


タイヤのトラブルというのは、気をつけて点検を日常的におこなっていても
起こってしまうことがあります。
点検を怠っているならなおさら発生の確率は上がるでしょう。通常自動車には
応急タイヤが積まれている為、万が一の際には運転者自ら交換する事が出来る
ようになっています。普通自動車免許を取得している方なら運転免許の講習
で必ず学ぶ事なので、ある程度は手順を把握していると思われますので、
タイヤ交換は可能でしょう。
しかしながら、時と場合によっては絶対にタイヤ交換をおこなってはいけない
場面も有ります。
代表的なのが、高速道路上でのタイヤ交換です。指定の場所以外での
タイヤ交換は時として命を落としかねません。
タイヤトラブルは突然発生するものですので、路肩に停止するケースがほとんどです。
破損したタイヤが走行路線と反対側であろうが関係なく、そういった場合には
必ずハザードランプを点灯させ、停止表示器材を車後方に置くようにしましょう。
その作業の際にも十分注意して下さい。一般道路とは走行車のスピードが全く
違いますので、二次災害に繋がりかねません。ガードレールの外側歩くように
するなど対策をして、近くの緊急電話を使用して迅速に救援依頼をする事が
大切です。


パンク以外にもあるタイヤトラブルの種類


パンクのほかタイヤトラブルの種類で注意しなければならないものが
いくつかあります。
そのひとつにスタンディングウェーブ減少があります。これは、高速道路
で高速走行を連続的に行っている際に空気圧が低下していると起きる現象
でタイヤがたわみ発熱します。最悪バーストし危険で、バーストしなくても
タイヤが剥離するといったセパレーションを起こすトラブルがあります。
そのほかにも、空気圧の低下が異様に早いなどがあります。その際はタイヤ
をチェックしてみましょう。タイヤに釘などが刺さっている可能性が高いと
いえます。タイヤは釘が刺さったとしてもすぐには空気は抜けず少しずつ
抜けて行き知らずに釘の刺さったタイヤだけが空気圧の低いといった可能性
があります。その際は、タイヤの側面に刺さっていなければ修理も可能なの
で早めに修理しましょう。
また、スピードがある一定に達するとハンドルがぶれる際もタイヤに異常がある
と考えられます。ハンドルのぶれはタイヤバランスが狂うと起き、その原因
としてはタイヤの減りやウェイトの外れが考えられます。タイヤは一本一本
まったくの同じバランスのものはなく装着の際にウェイトをつけバランスを
とるのですが、走行中なんらかの衝撃でウェイトが外れてしまうことがあり、
そういった際にハンドルのぶれを起こします。