タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

空気圧チェックのポイント


タイヤはゴムの素材で密閉されていますが、タイヤのゴムの粒子ぼ隙間
から空気が漏れだしたり、バルブから漏れたりしています。また、
走行時の衝撃やタイヤの摩耗によって空気は抜けていきます。ポイント
として知っておかなければいけない点はタイヤの空気圧は1カ月に
5パーセントから10パーセントの割合で減ってしまうこともある
ということです。200kPaの指定のタイヤだと10から20kPaは
減ってしまうということです。
タイヤの空気が減ってしまうと燃費が悪くなったり、最悪バーストして
しまう自体になることも知っておきましょう。車の運転席側の扉を開ける
とシールが貼ってあり、そこを見ればどれだけの空気量が必要か記して
くれていますので、自分の車のタイヤのことが分らない方は見てみましょう。
ひと月に1回の点検を行うことをお勧めしますが、点検しても変わって
いないので点検しなくてもいいのではと感じる方や面倒だという方には
空気が減ってくるとバルブの先の色が変わって知らせてくれる便利グッズ
もあるので試されてはいかがでしょう。
また、長距離ドライブや季節の変わり目、高速道路を通行する予定のある時
などは必ず点検することをお勧めします。


コメントを受け付けておりません。