タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

残り溝・傷・偏摩耗チェックのポイント


車の部品の中で、最も消耗が激しい部品のひとつがタイヤかもしれません。
タイヤは私たちが直接命を預けていると言っても過言ではないほど重要な
部品ですから、日頃から目を配っておきたいものです。ガソリンスタンド
での給油の際にちょっとした点検をすることでそのトラブルを未然に防ぐ
ことが可能ですから、ぜひ実践してもらいたいと思います。特に雨の多い
時期になりましたら、一度タイヤの残り溝の深さをチェックしましょう。
タイヤを前後から覗き込んだ時にタイヤを横切るように直線が走っている
ようでしたら、もうそれは溝が浅くなってきて交換時期に来ていることを
示しています。スリップサインと言います。タイヤの接地面から十分に水
が排水されない可能性がありますからすぐに交換した方が良いでしょう。
タイヤの側面の傷にも注意してください。タイヤ側面の傷は走行中の
バースト(破裂)の原因ともなります。また、一般的なパンクと違って
この場合は修理が不可能ですので、やはりすぐに交換した方がよいでしょう。
さらに、溝は十分にあっても、タイヤの内側や外側だけ極端に摩耗している
場合も注意が必要です。特に車高が高いミニバンタイプの車は重心が高い
ゆえにタイヤの外側だけが減っていく偏摩耗を示しやすいと言われています。
いずれにしてもタイヤのトラブルは大きな事故を引き起こしかねませんから
日頃から注意しましょう。


コメントを受け付けておりません。