タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

パンク以外にもあるタイヤトラブルの種類


パンクのほかタイヤトラブルの種類で注意しなければならないものが
いくつかあります。
そのひとつにスタンディングウェーブ減少があります。これは、高速道路
で高速走行を連続的に行っている際に空気圧が低下していると起きる現象
でタイヤがたわみ発熱します。最悪バーストし危険で、バーストしなくても
タイヤが剥離するといったセパレーションを起こすトラブルがあります。
そのほかにも、空気圧の低下が異様に早いなどがあります。その際はタイヤ
をチェックしてみましょう。タイヤに釘などが刺さっている可能性が高いと
いえます。タイヤは釘が刺さったとしてもすぐには空気は抜けず少しずつ
抜けて行き知らずに釘の刺さったタイヤだけが空気圧の低いといった可能性
があります。その際は、タイヤの側面に刺さっていなければ修理も可能なの
で早めに修理しましょう。
また、スピードがある一定に達するとハンドルがぶれる際もタイヤに異常がある
と考えられます。ハンドルのぶれはタイヤバランスが狂うと起き、その原因
としてはタイヤの減りやウェイトの外れが考えられます。タイヤは一本一本
まったくの同じバランスのものはなく装着の際にウェイトをつけバランスを
とるのですが、走行中なんらかの衝撃でウェイトが外れてしまうことがあり、
そういった際にハンドルのぶれを起こします。


コメントを受け付けておりません。