タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

走行中・駐車時の違和感


自動車に毎日乗る人は非常に多くいると思いますが、乗車前に必ず
タイヤ点検をしているかといえば、しない人の方が圧倒的に多いで
しょう。定期的に点検をしてもらっている場合ならともかく、
自動車を購入して以来全くと言って良いほどタイヤの事など気に
していないという人も中にはいるので困ったものです。
タイヤの異常は、簡単に見分けが付く事が多いので大きな事故を防ぐ
ためにも点検は必要不可欠です。
走行中に多いトラブルの代表的なものとしては、バーストが挙げられます。
これは、空気圧の低下したタイヤのたわみが原因で起こるもので、
スタンディングウェーブ現象とも言われます。高速道路を走っている
車によく見られる現象で、発生してしまった場合は走行不可能ですので、
速やかに駐車可能な場所へ移動するようにして下さい。この場合は、
自分でタイヤ交換をしようとせずに救援を要請するようにして下さい。
このようなトラブルにならないよう、タイヤの異常により起こる
違和感を感じとる必要か があります。
普段よりもハンドルが重かったり、タイヤから異音がするなどの異常
が出た場合は、速やかに自動車整備士に見てもらうようにするなどの
対策を実施するようにしましょう。


コメントを受け付けておりません。