タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

スタンディングウェーブ現象とは


これからの時期はますます気候もよくなり、絶好の行楽シーズンとなる事
が期待されています。そのような中、多くの方々が休日を利用して、
どこか遠くに出向いて行かれるのではないでしょうか。日常の忙しい
毎日から解放されるような非日常を体験する事で、またその後の日常生活
を頑張る事ができるようになるのでしょう。
遠くに行かれる際に、どのような手段によってご自分が移動していくのかは、
また幾つかの種類が考えられています。飛行機や新幹線のような
公共交通機関を利用される方もいらっしゃいますが、中には自家用車にて
ご自分で運転をされながら移動される方もいらっしゃいます。特に自家用車
で移動される方は、その車が正常に運転できるのかどうかを注意しておいて
下さい。日常点検はしっかりと行い、走行中のトラブルを防ぐ事がドライバー
としての義務ともなっています。
特に高速道路を長く走る際にスタンディングウェーブ現象が発生する恐れがある
事を理解しておきましょう。主に空気圧の足りないタイヤで高速走行を続けて
いますと、この現象が発生しやすくなります。更にこれをそのまま続けて走って
いますと、タイヤ全体がいきなり破裂する、いわゆるバースト現象にも繋がります。


コメントを受け付けておりません。