タイヤトラブルの対策について

タイヤトラブルがおきてしまったら

タイヤトラブル高速道路と一般道路での対処の違い


タイヤのトラブルというのは、気をつけて点検を日常的におこなっていても
起こってしまうことがあります。
点検を怠っているならなおさら発生の確率は上がるでしょう。通常自動車には
応急タイヤが積まれている為、万が一の際には運転者自ら交換する事が出来る
ようになっています。普通自動車免許を取得している方なら運転免許の講習
で必ず学ぶ事なので、ある程度は手順を把握していると思われますので、
タイヤ交換は可能でしょう。
しかしながら、時と場合によっては絶対にタイヤ交換をおこなってはいけない
場面も有ります。
代表的なのが、高速道路上でのタイヤ交換です。指定の場所以外での
タイヤ交換は時として命を落としかねません。
タイヤトラブルは突然発生するものですので、路肩に停止するケースがほとんどです。
破損したタイヤが走行路線と反対側であろうが関係なく、そういった場合には
必ずハザードランプを点灯させ、停止表示器材を車後方に置くようにしましょう。
その作業の際にも十分注意して下さい。一般道路とは走行車のスピードが全く
違いますので、二次災害に繋がりかねません。ガードレールの外側歩くように
するなど対策をして、近くの緊急電話を使用して迅速に救援依頼をする事が
大切です。


コメントを受け付けておりません。